fc2ブログ

病気ではありません、ということ


例えばの話です。

6か月の赤ちゃんがいます。「下痢をしている」との訴えで、お母さんが連れてこられました。

離乳食を始めたばかりです。

聞くと、一日に5、6回程度、水っぽい便が出るとのことです。

ご機嫌で、見るからに元気そうです。理学的所見(診察)でも特に異常はありません。



小児科医として、この後の対応をどうするか。

とっつかまえて採血やら便の検査やらレントゲンやら、するDrもいるかもしれませんが、

この段階でするのはごく少数派、というかほとんどいないと思います。



大抵は、以下の2パターンの、いずれかでしょう。

パターン①
A)軽いおなかのカゼ(胃腸炎)ですね。
 元気は良いし脱水もありませんので、心配なさそうです。
P)念のため、整腸剤出しておきましょう。

パターン②
A)普通のいいうんちだと思います。病気ではないと思います。
 元気は良いし脱水もありませんので、心配なさそうです。
P)念のため、整腸剤出しておきましょう。

A)は、アセスメント、つまり、問診や診察から導き出した、医師としての「解釈」「評価」です。「診断名」と言っても良いでしょう。

P)は、プラン、つまり、アセスメントに対して行う、具体的な今後の「治療」「方針」です。


面倒なことは省きますが、パターン①と②、医者の立場からすれば、意味合いはほとんど変わりありません。

おそらく、大多数の開業小児科医は、パターン①だと思います。


パターン①はつまり、こういうことです。

「はいはーいおカゼですねお薬出しときますねーお大事にどーぞー」


非の打ち所がありません。素晴らしい診療です。

「病名」(お腹のカゼ)と「治療」(整腸剤処方)の因果関係も、スッキリ爽やかです。

はいカゼー、はいお薬ー、はいサヨナラー、で、診療時間もあっという間です。


一方、パターン②はどうでしょうか。

病気だと思って来院された方に、病気ではないと説得するのは骨が折れます。

病気だと思って心配してきたのに、分かってもらえなかった、と思われるかもしれません。

お腹のカゼとでもいっておいた方が、万が一その後症状が酷くなったとしても、ああやっぱりですみます。

逆に、病気ではないと言った場合、病気ではないと言ったくせに、ということになります。

説明の手間と時間が猛烈にかかって、で、結局の処方は一緒、ってなんだそら。


ですので、大抵の小児科開業医は、(わかってやっているのかどうかは別として)パターン①を選択するわけです。



私は、パターン②でありたいと、そう思ってやってきました。

なんで?と言われても、単なる信念の問題ですので、どうしようもありません。


一開業医の選択としては、大抵のお医者さんは「おまえ、アホだろ」と言うと思います。

そうだよアホだよ(パークマンサー風)


そういう医者なんだと、どうか諦めてお付き合い下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

かわかみあきひろ

Author:かわかみあきひろ
川崎市高津区子母口497-2子母口クリニックモール2階
かわかみ小児科クリニック
小児科・アレルギー科
院長  川上 章弘

詳しいプロフィールについては、
かわかみ小児科クリニック公式HPの院長紹介
をご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR