fc2ブログ

おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンが不足しています


なので、余っていたらどなたか恵んでください・・・


と言いたいところですが、現在、おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンが全国的に不足しております。

メーカーからの供給も完全にストップしており、当院でも新規予約受付を一時中止しております。


既にご予約を頂いているおたふくかぜワクチンのうち、当院在庫を超える分につきましては、

接種日の延期をお願いしております。

対象となる方々につきましては、現在順次ご連絡を差し上げております。

ご迷惑をおかけし大変恐縮ですが、ご理解とご協力を賜りますよう、お願いいたします。


なお、1か月程度で供給再開が見込まれていますが、詳しいことは今のところよく分かっていません。

ワクチンが不足した理由については、単純な量の問題であって、

健康被害だとか副作用だとかそういう話ではありませんので、

その点につきましては、ご安心いただけると幸いに存じます。


皆様にご迷惑をおかけし申し訳ございません。

何卒よろしくお願いいたします。

今シーズンのインフルエンザワクチンについて & 当院のチメロサールに対する考え方(再掲)


インフルエンザワクチンのシーズンが近づいてまいりました。

当院では、10月2日(金)からの接種開始を予定しております。

こちらでのご案内が遅くなってしまいましたが、既に9月18日よりご予約を承っております。

ご予約の方法や金額等、詳細につきましては、当院ホームページの案内をご覧ください。


インフルエンザワクチンで、よく質問されることの一つに、「チメロサール」があります。

当院HPや当ブログを通じ、当院のチメロサールに対する考え方は、繰り返し申し上げてきておりますが、

シーズンを前に、「チメロサール」に対する当院の考え方を、改めて申し上げておきたいと思います。


チメロサールはごく微量で強い殺菌作用を有する水銀化合物で、不活化ワクチンの防腐剤として用いられています。

当院で採用しているインフルエンザワクチンは、チメロサールを含むワクチンです。

当院に限らず、通常「インフルエンザワクチン」として接種されるワクチンには、通常このチメロサールが含まれます。

「インフルエンザワクチン(チメロサールフリー)」と但し書きがなければ、当たり前のようにチメロサールが含まれているとお考えください。


①チメロサールの何が悪いのか?

かつて海外での研究において、チメロサールと発達障害の関連性が疑われたことがあり、日本でもマスコミ報道などにより話題となりました。

ただし、現在ではすでに疫学研究でその関連性は完全に否定され(関連性を指摘した論文自体が取り下げられています)ており、科学的根拠の全くない「悪質なデマ」です。

つまり、チメロサールの何が悪いのかと言うと、「別に何が悪いってわけじゃないんだけど、何となく気持ち悪い」ということです。

勿論、発達障害との関連性がないとはいえ、余計なものを体の中に入れるのは極力避けたほうが良いですから、可能な限りチメロサールが入っていない(チメロサールフリー)ワクチンを使用するに越した事はありません。

当院で現在使用しているワクチンも、インフルエンザワクチンを除き、公費・自費のものともチメロサールフリーとなっています。


②チメロサールが入っていないと何が困るのか?

チメロサールは、極めて優れた不活化ワクチンの防腐剤です。

チメロサールフリーのワクチン、ということは、(効果の高い)防腐剤が入っていないということです。

一本のビン(バイアル)のワクチンを複数人で分割して使用する(例:1ml入りバイアルを0.5mlずつ2人分として使用する、など)場合、汚染が問題になります。

チメロサールフリーのワクチンでは、一度針を刺したバイアルは内容物の無菌性が保持できませんので、余りがあっても使用せず破棄しなければなりません。

例えば、当院で現在使用しているワクチン(インフルエンザワクチンを除く)の中で、一瓶に二人分以上の量が入っているものはB型肝炎ワクチン(ヘプタバックス-II 10μg)のみですが、当然一回で使い切り、余りは使用せず破棄しております。

一本のバイアルを一人で使い切るなら、チメロサールフリーのもので全くかまわないのです。

チメロサールが入っているのは、一本のバイアルを、複数人で分割して使用するためであると言えます。


③チメロサールフリーのものを、1バイアル一人一回で使い切れば良いのではないか?

全くその通りです。他のワクチンではそうしているように、インフルエンザワクチンも1バイアル一人一回にすれば済むことです。

ただし、インフルエンザワクチンは、ある一定の限られた流行期間を狙って、短期間で大量に製造され、短期間で大勢の方に対して接種されるワクチンです。

そのようなワクチンを「一人一本使い切り」のコンセプトで製造するのは、コスト面、供給量の面で非常に厳しくなります。

チメロサールフリーのインフルエンザワクチンも販売されていますが、当然高価になりますし、供給量も限られたものになります。

全てチメロサールフリーに出来れば理想的ですが、接種価格をかなりお高くせねばなりませんし、それ以前に供給自体がまず追いつかないでしょう。


以上より、インフルエンザワクチンにつきましては、原則としてチメロサールを含むワクチンを使用させていただくのが現実的かと考えます。


当院では今後も、考えうる限りの安全性の確保、ならびに、出来るだけ気軽に接種していただける様な価格の設定(ただし、プロが責任を持って行う医療行為ですから、嘘みたいに安い値段にはなりません・・・)に努めて参ります。

皆様のご理解、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

フルモデルチェンジ(新しい視力スクリーニング検査機器を導入しました)

SpotVS.jpg
左が新しいスポット ビジョンスクリーナー、右はこれまでのシュアサイト



当院では、2013年10月より、簡便かつ正確な視力のスクリーニング検査方法として、

ウェルチ・アレン社製「シュアサイト・ビジョンスクリーナー」を導入

健診等での、視力の問題の早期発見に努めてまいりました。


導入以後、問診(「テレビを近くでみたがりますか?」など)や、

「Cの字」(ランドルト環)では発見しえなかった(と思われる)

多くの屈折異常(近視・遠視・乱視)を発見することができ、

眼科医による早期治療に結びつける事ができたと自負しております。


で、ここでちょっと愚痴を聞いてほしいんですが、


このシュアサイト、使い方に結構コツが必要でして、慣れるまでちょっとかかったんですよ・・・

それでも最近はですな、自分で言うのもナンですが、使い方も結構サマになってきて、

あれ、オイラいっぱしのシュアサイト使いじゃね、僕ちゃん超CoooooL・・・!


と、いい気になっていたところに、いきなりの新製品登場!、ですよ・・・


「スポット ビジョンスクリーナー」です。


コツもモツもなく、カメラを撮るみたいにお顔に向けて距離を合わせたら勝手にピピピでハイ終了、ですわよ。

いままで、片目ずつえっちらおっちら検査していたのが、両目同時に瞬時に終了。

近視・遠視・乱視だけでなく、瞳孔径や眼位のズレまで瞬時に計測でき、

しかも、Wifiでプリンターにレポートを飛ばして印刷できる。超凄い。超CooooooL。


あえて難癖をつければ、シュアサイトより若干「暗い部屋」(瞳孔を広げるため)が必要とされることぐらい。

こういうのは、良いと思ったらすぐに飛びつく院長ですので、直ちに購入し8月末より導入いたしました。


で、オイクラ万円した愛機シュアサイトちゃんは、導入後2年経たずにお蔵入りとなりましたのでございます泣



スポット ビジョンスクリーナーによる検査は、おおむね生後6か月頃より施行可能です。

今後は原則として、7か月健診以降の全ての健診で、この検査を行うことになります。


また、健診以外でも、ご希望の方は時間の許す限り検査を行いますので、お申し付けください。

特に、3歳児健診で視力検査がうまくできなかった、目が悪いのではないかと気になる、等の場合は、

出来るだけ早く検査を受けることをお勧めします。


どうぞよろしくお願いいたします。


よろしければ、当院HPの機器紹介ページもご参照ください。


水痘(水ぼうそう)ワクチンの定期接種に関しまして


すでにご存知の方も多いかと存じますが、

今年10月1日より、水痘(水ぼうそう)ワクチンが定期予防接種となり、公費での接種が可能となりました。

自費の時からそうですが、当院でも積極的に、接種を行っております。


対象者は、

①「川崎市民で生後12月(1歳)から生後36月(3歳)に至るまでの間にあるお子さん」

であり、接種回数は、「3か月以上の間隔を置いて2回」の接種となっております。


また、経過措置として、今年度中に限り、

②「川崎市民で生後36月(3才)から生後60月(5歳)に至るまでの間にあるお子さん」

も対象者となっており、この場合は一回の接種が可能となっております。


ただし、川崎市独自のルールとして、

すでに自費などで接種した回数は、接種回数にカウントすることになっています。

つまり、

①の対象者の場合、すでに自費で一回接種が済んでいる場合、公費での接種が可能なのは一回のみ、

すでに自費で二回接種が済んでいる場合、公費での接種は不可となります。

②の対象者の場合、すでに自費で一回以上接種が済んでいる場合、公費接種は不可となります。


この公費負担での定期予防接種は、川崎市で行っている事業であり、

当院は川崎市の協力医療機関の一つして接種を行っております。

当然ですが、この川崎市の方針に反する接種は、一切行えません。その際は、自費の扱いとなります。


なんでこんな当たり前のことを申し上げているのか?


どういう経緯でそういう話になったのか全くチンプンカンプンなのですが、

「すでに自費で一回接種が済んでいる3・4歳児で、当院で2回目の接種を公費でやってもらえた」

という根も葉もない噂話をもとに

「かわかみ小児科クリニックでできたのに、なぜそちらではできないのか」

と他院に問い合わが何件かあったようで、その旨医師会等にタレこみがあり、

今朝、川崎市医師会から当院に「どういうことか」と問い合わせがありました。


医師会の偉いさんから突然電話で、おしっこちびるかと思ったわ!てかちびったわ!

突然の電話だし、なんかちょっと怒っている風だし(失礼)、話の意図が良くわからないし、

ハアハアスンマセンイヤウチハダイジョブッス、みたいな感じで話をさせていただいたのですが、

電話を切ってしばらくしてから、なんだかもの凄く、悲しい気持ちになってしまいました。


当院は、川崎市の予防接種個別協力医療機関として、真面目にコツコツと業務を遂行しており、

なぜ当院の名前を挙げてそんな根も葉もないことを言ったのかは分かりませんが、

とんでもない営業妨害です


繰り返しますが、川崎市の方針に反する公費の予防接種は一切行っておりませんし、できるわけがありません。

上述②の対象者については、自費を含めて一回目であることを確認のうえ、接種を行っております。


てか、当たり前でしょ・・・接種してもお金が出ないんですから・・・

皆様のお役に立ちたいと思って必死にやってますけど、慈善事業家ではないんです・・・


皆様のご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。


患者様用駐車場増設のお知らせ

子母口CLM隣駐車場配置図H2606
          (↑クリックで拡大します)


6月2日(月)、当院のお隣に、「子母口整形外科」さんがオープンいたしました。

それに伴い、当クリニックモールとして、患者様専用駐車場12台分が増設されました。


当クリニックモールに隣接する駐車場(伊藤第2駐車場)のうち、

12番、13番、22~30番、35番の区画が、患者様専用駐車場としてご利用になれます。


敷地内15台分+伊藤第2駐車場12台分の、計27台分の駐車場を確保しておりますので、

どうぞ安心して、お車でご来院ください。

よろしくお願いいたします。

プロフィール

かわかみあきひろ

Author:かわかみあきひろ
川崎市高津区子母口497-2子母口クリニックモール2階
かわかみ小児科クリニック
小児科・アレルギー科
院長  川上 章弘

詳しいプロフィールについては、
かわかみ小児科クリニック公式HPの院長紹介
をご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR