fc2ブログ

育児書を捨てよ 赤ちゃんと笑おう その4

その3からの続きです・・・


か「そうですね、もう一度言います。歩くのが遅れる原因は、大きく分けると4つです。

①脳性麻痺、②神経・筋疾患、③精神発達遅滞(全体的な発達の遅れ)、④発達障害、です」


①脳性麻痺については、明かな所見はないと思います。


②神経・筋疾患についても、明らかな所見はないと思います。

・・・診察の際、わずかに低緊張な印象はありましたが、腱反射もしっかり取れますし、いわゆる「本物」の神経筋疾患の方は、こんなレベルの低緊張ではありません。

上記①・②に関しては、もう可能性はなさそうですのでこれ以上は言いません。


③全体的な発達の遅れについてですが、現時点で知的な発達に明らかな問題はないと思います。

「言葉が出ていないこと、バイバイなどをしないのは、知的な遅れ、精神遅滞のせいではないのですか?」

か「先ほども申し上げましたように、1歳前後で有意語が出ないからと言って、それだけで異常とはとれません」

か「次の④発達障害、と、まとめてお話ししましょう」


④発達障害

さて、問題になるのが、また皆さんが一番興味のあるところは、ここかと思います。

発達障害、この場では自閉症と言い換えますが(定義や診断の話をしているのではありませんので、詳しい方はご容赦願います)、自閉症の最大の特徴は、「言語発達とコミュニケーションの障害」です。

1歳で言葉が出ていないのは、全くおかしな話ではありませんので、我々が何をみるのか。

「言葉が出ている」ではなく、「言葉の準備ができている」か、をみるのです。

「言葉の準備」の代表格は、「指さし」と、「機能的なアイコンタクト」です。

トラックが走っているのを見てそれを指さし、ママの顔をみてニヤリとすれば、

「ママ、あれ僕の好きなトラックだよう」とお話ししているのとほぼ一緒です(「叙述」の指さし)。


では、今回のこの子に関してはどうか。

指差しはしませんが、指差しの意味はわかっている(「指さし理解」:指差しを理解していない場合、指の先が指し示すものではなく、指先そのものを見ます)様子でした。

母親に対して、「機能的な」アイコンタクトも見られました。「機能的なアイコンタクト」とは何かというと、詳しい方には(微妙に違うんですけど)「社会的参照」とほぼ同義だと思っていただければよいし、めんどくさいことはすっ飛ばして誤解を恐れずに平たく言うと、母親の顔色を伺っている様子がある、ということだと思って頂ければ良いと思います。

この子は、有意語はまだありませんが、指差しの意味を理解しており、機能的なアイコンタクトもあり、言葉を紡ぐための準備状態(レディネス)は進んでいる印象でした。

はやいか遅いか、と言われれば、「すこしのんびり」ということにはなりますが、一小児科医として「この年齢として、明らかと取れるレベルの言語・コミュニケーションの問題はない」と判断しました。


まとめます。

歩いていないけど、歩くための準備がちゃんと進んでいる。

お話していないけど、お話するための準備がちゃんと進んでいる。

か「ですので、現状としては、明らかと取れるレベルの全般的な発達・言語コミュニケーション面の発達の遅れはありません」



「では、この子は自閉症ではないと、そう考えて良いということですね!?」

・・・ここが難しいところです・・・

いわゆる自閉症の児で、この月齢で「明らか」と取れるケースは、そういないのです。

残念ですが、いくら考えても、この月齢で結論は出ないのです。

「現状としては正常の範疇に入ると思いますが、今後どうなるかはわからないのです。もう一度いいますが、私にできることは、現状として明らかに異常と取れるレベルにあるかどうかの判断です」

同じ月齢で、指さししまくって有意語がたくさん出ていて、スタスタ歩き回っている児と比べれば、発達障害が隠れている確率は高くなるでしょう。

その意味で、「神様しかご存じない」と申し上げた(その2)わけです。


ここまで長々話してきて、結局「わからない」かよふざけんな、と思われたかと思いますが、

実際そうなんですから仕方ありません。神様になれなくてスミマセン。



その5へ続きます・・・



※上記には、川上オリジナルの考え方を多く含みます。児童心理学に詳しい方からすると、いろいろと突っ込みどころがあろうかと思いますが、川上がコツコツと経験してきたこと・学んできたことを、小児科の外来という時間的制約やその他の制限の多い中で生かすために、個人的に系統だててきたことです。「不勉強だが、まあ小児科医の割には頑張ってるな」と笑っていただければ幸いです。

育児書を捨てよ 赤ちゃんと笑おう その3

その2からの続きです・・・


か「いま、ざっと診察させてもらいましたが、現状としては、遅れている、とはいえないと思います」


 もう一度、この子の状況を簡単に整理します。

 お母さんが気にしている問題点としては、
  ・「まだ歩かない」
  ・「意味のある言葉(有意語)がない」
  ・「バイバイなどの物まねをしない」
 ということでした。

 さて、ここで大事になってくるのは、このお子さんが「1歳になったばかり」ということです。


 赤ちゃんの発達にはいくつか「決まりごと」があります。重要でかつ忘れられやすい決まりごとの一つに「発達には個人差がある」というのがあります。

 そして、それ以上に「意外と」忘れられやすい決まりごとが、冷静に考えればわざわざ言うのも憚られるぐらいのことですけれども、「発達を評価するには、タイミングがある」ということです。

 生後10日目の赤ちゃんで、「まだ歩かないんです」というのは当たり前ですし、3歳になるお子さんで、「まだ歩かないんです」は、明らかに異常と考えられると思います(ただし、この後者の場合でも、100%障害があります、とは言い切れないところが、また難しいのですが・・・)。


 特に、発達障害について書かれた本などで結構あるのですが、「こういう障害の子には、こういう特徴がありますよー」と羅列されているのはよいのですが、何歳ぐらいで、何か月ぐらいで、そういう特徴があれば、おかしいと思わなければならないのか、というのが、意外と書かれていなかったりします。

 例えば、自閉症児に特徴的とされる「内向きバイバイ」(逆バイバイ:手のひらを相手ではなく自分のほうに向けてバイバイする)は、バイバイし始めの頃は定型発達児にもかなりの頻度で見られます。バイバイをし始めた10か月児が内向きバイバイをするからといって、自閉症ではないかとご心配をされるのはナンセンス(というか、10か月でバイバイできるだけいーだろ・・・)ということです・・・

 機会があれば、このあたりのこともまたポツポツと書くことにしましょう。このままですと、どんどんどんどん脇道にそれて行きそう(私の外来中の話みたい・・・涙)なので、もう一度、この1歳のお子さんのことに戻ります。


 この子の、「1歳になったが、歩かない」「1歳になったが、有意語がない」「一歳になったが、バイバイなどの物まねをしない」はどう考えるのか。


か「1歳になったばかりのお子さんで、意味のある言葉が出ていないからといって、それだけで異常があるとはいえないと思います。あんよもそうですし、バイバイしないのも、それだけで異常があるとは取れないと思います」

 もうすこし言葉を継ごうとする私をやや遮る形で、お母さんが言いました。

「でも、私が調べたものでは、1歳になった時点で、定型発達児の90%がバイバイをするとありました」


 ・・・とてもよく勉強されているようです。


か「そうですね。バイバイについては、おそらくそれ位の頻度になると思います。でも、言い方を変えれば、1歳でも1割程度は余裕でバイバイしない、ということです」

か「わたしが出来るのは、現状として明らかにおかしいのか、小児科医として明らかに異常と取れるレベルにあるのか、という事です」

か「まず、そうですね、あんよの件からいくと・・・現状としてはつたい歩きもでき、麻痺(脳性麻痺)や筋肉の病気(神経・筋疾患)を疑わせる神経の異常もなく、歩くために必要な反射もしっかり出てきていますので、これは時間の問題、個人差の範疇と捉えて良いと思います」

か「で、その他の、言葉と、バイバイなどの物まねの・・・」


「その、歩くのが遅いのが、知的な発達遅滞や、発達障害によるものとは考えられませんか」


 これから話そうとすることの核心を言われてしまいました。外来が混雑してきたようですが、ここは正念場です。



その4へ続きます・・・

育児書を捨てよ 赤ちゃんと笑おう その2

その1からの続きです・・・


 うちの子はもうすぐ1歳なのに、10か月でバイバイしないと精神遅滞が疑われるなんて・・・10か月健診では何も言われなかったけど・・・。

 「異常かもしれない」・・・そう思い出したお母さんは、そういえば、手の使い方も下手なのではないか、とか、名前を呼んでもあまり振り向かないわ、とか、赤ちゃんの行動一つ一つを、まるで試験監督のような目で見てしまいます。

 今のは良いんじゃないの、って思ったり、ああ、やっぱりダメなんだ、できないんだ、って思ったり。そんな自分に嫌悪感を感じつつも、そういった、我が子をテストするような目で見てしまう・・・。

 今まで、可愛い可愛いだけで育ててきたのに。この子が笑ってくれるだけで、この上なく幸せだったのに。

 忙しくも、ゆったりと、幸せに過ぎてきた我が子との日々は、いついつまでに○○できる子が・・%と、カレンダーに追われる気の休まらない日々に変わってしまいました。これが出来ないと、やれ自閉症かも、あれが出来ないと、やれ精神遅滞かも・・・。

 育児書やインターネットで仕入れた知識に振り回されて、日に日に、家庭の太陽であるお母さんから、笑顔が消えていきます。


 さて、ちょうど1歳のお誕生日を迎えた頃、この母子が私の外来を訪ねてくれました。
 
 お母さんは、かなり不安げなご様子で、診察室に入ってきました。 赤ちゃんも、そんなお母さんの雰囲気を察したのか、緊張して今にも泣き出しそうな様子です・・・。


「発達が遅いようなのですが・・・」

か「はい」

「1歳になったのですが、まだ歩かないし、言葉も出ないし、バイバイなんかもしないんです」

か「なるほど。1歳になったけど、あんよも言葉もまだ、バイバイとかの物真似もしないんですね」

「発達遅滞や、自閉症とか・・・発達障害とかの可能性はないですか・・・」


 お母さんは、病名をさらりと言った風を装っていましたが、意を決して搾り出すように口から出したのがよく分かりました。

 この時点で、お母さんがすでに色々な知識を仕入れているだろう事は、容易に想像できました。もしかして、私なんかよりよく知っているかもしれません(笑)。

 いつもいつもそうですが、こんな時、どのようなスタンスで答えを返すかは、本当に悩みます。返す答えの内容は結局一緒なわけですが・・・。


 一通りの診察を済ませてから、私は、わりかし直球(?)に近い球を返すことにしました。


か「現在のご様子からは、この子が発達障害なのか、それとも、正常の範囲内なのかは、神様しかご存じないと思います」


 お母さんの表情が、少し曇ったのが分りました。

 瞬間、「しまった」と思いましたが、こうなったら後には引けません。自分の無神経さを恥じつつも、構わずそのまま、説明を続けました。



その3へ続きます・・・

育児書を捨てよ 赤ちゃんと笑おう その1

 赤ちゃんたちはこの世に生を受けたその時から(既にママのお腹の中にいるときから?)、もう本当に嫌というほど(笑)の個性のカタマリです。

 生まれてすぐの新生児でも、よく泣く子、おとなしい子、活発な子、過敏な子、どっしり構えている子、いきなり良く飲む子、食が細い子、なんだかむずかしい哲学者のような顔をしている子、なんか良いことあったの?と聞きたくなるような、満ち足りた顔をしている子・・・一人一人すべて違います。みんな違って、みんないい、って誰か言ってましたっけ?

 初めての育児、分からないことだらけで不安。何かあったらすぐに調べられるよう、育児書があった方が安心なんじゃないですか?・・・ええ、お気持ちはよく分かります。

 でもね、いくら育児書を読んでも、不安がなくなるわけではありません。あくまで参考、と思って読んだとしても、育児書と一字一句違うだけで、さらに不安が募るのが、親心というものです。


 例えば・・・、の話をしましょう。

 ここにもうすぐ1歳のお誕生を迎える赤ちゃんがいるとします。親孝行なことに、これまで風邪ひとつひかず、元気にすくすく育っています。まだひとりでは歩きませんが、つたい歩きはお手のもの。おもちゃをポイポイ放り投げてお母さんを困らせています。でも、まだバイバイ、パチパチ、ニギニギなどの物真似をしません。

 7か月、10か月の健診でも、「順調ですね」と言われただけでした。お母さんは何にも不安に思うことなく、忙しいけれど、愛しい我が子との幸せな毎日をすごしていました。

 心配の始まりは、同じ産院で、同時期に出産したお母さん友達との会話でした。

 出先で偶然出会い、もうすぐ1歳だね~、なんて話を始めたのはいいのですが、聞けばその子はもう歩いているし、パパ・ママなんて意味のある言葉をすでにいくつか話しています。しきりに指さしもします。バイバイ、パチパチなんてお手のもの。ちょうだい、ありがとう、なんてふりもしたりして。

 自分の子とのあまりの違いに、お母さんはびっくりしてしまいます。早いわねぇ、うちの子はまだ一人では歩かないし、バイバイなんてしないわ、と、気にしていない素振りを見せますが、内心は気になって気になって仕方がありません。何となく凹んだ気分で、お友達と別れました。去っていくお友達の背中が、何となく得意げに見え(てしまい)ます。

 心配になったお母さん。家に帰ると早速、本棚の片隅で埃をかぶっていた育児書を見てみます。11か月頃の赤ちゃん、というページを見ると、「バイバイ」「パチパチ」などの物まねが上手になってきます、意味のある言葉をいくつか言う赤ちゃんもいます、などと書いてあります。一応、ページの隅の方に、「発達には個人差があり、これらはあくまで参考です」などと書いてあるのですが、そんなものもう目に入りません。

 最近のお母さんですと、次はインターネットです。片っ端から、育児のブログやサイトを漁ってみます。「8か月、バイバイできました♪(はぁと)」なんて書いてあったりして。

 調べれば調べるほど、不安がどんどん大きくなっていきますが、こうなるともう、それでも調べずにはいられません。

 お母さんは、よせばいいのに育児書どころか、発達に関する医学書を購入しました。パラパラとめくってみると、さっそく気になる記述を見つけました。


<10か月健診でみられやすい異常所見>
・「ニギニギ」「バイバイ」などの真似をしない(疑われる疾患:精神遅滞)
 (「写真でみる乳児健診の神経学的チェック法(前川喜平著、南山堂)」より)



その2へ続きます・・・

プロフィール

かわかみあきひろ

Author:かわかみあきひろ
川崎市高津区子母口497-2子母口クリニックモール2階
かわかみ小児科クリニック
小児科・アレルギー科
院長  川上 章弘

詳しいプロフィールについては、
かわかみ小児科クリニック公式HPの院長紹介
をご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR